函館市は本格的にひきこもり支援に取り組み、市民生活実態調査を実施しその結果を発表しました。

 

12月3日の北海道新聞道南版及び函館新聞の12月4日第1面の記事で大きく報道され、広義のひきこもり者が4千人と推計されています。(函館市人口:約25万6千人)

 

この中には60歳くらいで定年を迎え自宅で充電中の方や、未就労でも家事や介護などの役割を担い、家族がお互いを認め合って仲良く暮らしている方もいるでしょうから、全てを問題視する必要はないと思います。

 

しかし、社会生活に何らかの困難や辛さを抱え、心理的あるいは精神保健上のサポートや、就労に関わる相談支援を必要とする方もまた多数いると思います。

 

函館市は市内10か所の地域包括支援センターを高齢者だけではなく、各種生活課題にも対応する福祉拠点に拡充し、ひきこもり相談支援も担う方針を打ち出しています。(12月1日付け函館新聞に掲載)

 

私ども家族会・当事者会にとってもとても心強く、微力ですが連携させていただきたいと考えています。

今月(12月13日)の例会は中止いたします

このような時期に大変残念ですが、12月13日(日)に開催を予定していた、ひきこもり体験者のつどい「樹陽のたより」と、道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会は、コロナ感染拡大にふまえ中止いたしますので、ご了承ください。

 

年明けは1月10日(日)開催予定で、コロナが落ち着いて開催できることを願っています。

個別相談会のお知らせ

なお、下記の個別相談は開催予定ですので、関係者にお知らせいただければ幸いです。

また、引き続き野村は随時電話やメールでのご相談を受けておりますので、遠方の方もご利用ください。

 

◇函館市社会福祉協議会 電話:0138-23-8969、無料

・12月9日(水)10時~12時:不登校相談(函館アカシヤ会担当)
・12月23日(水)10時~12時:ひきこもり相談(道南あさがお担当)

◇函館圏フリースクールすまいる 電話予約:090-6261-6984(野村)、無料

12月10日(木)・17日(木)13時~15時、不登校・ひきこもり相談